くせ毛カットが得意なニューヨークドライカットと巷のドライカットの違い!

世界で1%しかやっていないニューヨークドライカットと日本の90%以上の美容室がやっているドライカット

日本で一般的に行われてるドライカットは、ウェットでカットしてからドライヤーで乾かしてシャギー(髪を梳く)を入れていくカットです。


ニューヨークドライカットは、初めから終わりまでドライの状態で髪を一束づつテーパーという技術でカットしていきます、1本も髪を梳きません。

一般のドライカットは習えば誰にでも出来る簡単なカットです。ニューヨークドライカットは習っても出来ない人のほうが多い大変難しいカットです。仕上がりは普通のドライカット(シャギーカット)とは、天と地ほどの差があります。断然ニューヨークドライカットの方が軽くて艶が出て家に帰ってからの仕上げも簡単です(^^)

ニューヨークドライカットは最低1時間30分、一般のドライカットは30分~40分程度で終わります!

この時間の差は、まさしく仕上がりの差に比例します。ニューヨークドライカットは髪を1本づつカットしていくので、どうしても時間はかかりますが仕上がりは最高です(^^)一般のドライカットはシャギー(髪を梳く)を入れていくだけの単純な作業なので時間は早いですが仕上がりもそれなりです(‘_’)

ニューヨークドライカットは、切れば切るほど艶髪になります。一般のドライカットは傷んで艶が無くなってしまいます。

下のモデルは、もともと収まりの悪いくせ毛でしたが、ニューヨークドライカットで切り続けた結果、くせ毛を活かしたツヤツヤでフワフワのエアリーボブを手に入れちゃいました(^^♪仕上げはドライヤーで乾かしてムースを揉みこむだけの簡単仕上げでOK!

ニューヨークドライカットで切り続ければ、どんどん髪は健康的になりツヤツヤになっていきます、クセ毛の人も乾かすだけで本当にキレイなヘアスタイルになります。

一方で一般のドライカット(シャギーカット)は、切れば切るほどクセ毛はパサパサに乾燥して艶が無くなり、余計に髪が暴れだしボサボサなヘアスタイルになってしまいます(‘;’)

ニューヨークドライカットは悪条件でも素敵なヘアスタイルが可能!

下のモデルは、もともと多毛で非常に収まりの悪いくせ毛でしたが、ニューヨークドライカットを続けていった結果、ハンドブローだけでもツヤツヤで素敵なヘアスタイルになりました(^_^)

ニューヨークドライカットは、3カ月たってもそれなりにヘアスタイルを保てるので、一般のドライカットより、はるかに持ちは良いです。一般のドライカット(シャギーカット)のようにすぐに髪がボサボサになる事もありません(^^)カット時間はかかりますが、あなたが家に帰って仕上げする時は、簡単にキレイになるので毎日がラクラクになりますよ(^^♪



次回→ クセ毛のあなたが美容室に満足できない理由!

HOMEに戻る