縮毛矯正を、しっかり理解しましょう!

基本的に縮毛矯正は、クセ毛を無理やり伸ばすメニューです。どんなにトリートメントしようが、優しいパーマ液を使っても、くせ毛がストレートになれば傷みます。
これは、美容師が上手い下手は、関係なく必ず傷みます。

縮毛矯正は時間と共にさらに毛先は、傷んできます!

当てた部分は、日にちがたつにつれ、さらに傷みが増してきます。
一度、傷ついた髪は、元には戻りません。
だから、髪は、いかに傷ませないようにする事が、綺麗で手入れが楽な、ヘアスタイルを手に入れる一番の近道なんです。

化学反応は、プロの美容師でも100%コントロールすることは無理!

縮毛矯正も、パーマ液をつけて化学反応をおこして、アイロンの熱で伸ばしていくのですが、髪というのは、場所によって傷みが違うし、髪の毛1本を見ても、根元と中間と毛先は傷み具合が違います。これを完璧に塗り分ける事は、不可能です!
なので、たまに髪が傷んでる部分に、パーマ液が過剰に反応して、チリチリに傷んでしまう事故が起こります。

縮毛矯正は髪の傷みと比例してストレートになる!

くせ毛がストレートになればなるほど、比例して髪の傷みが増してくるのが縮毛矯正です。
美容室の事故率No1メニューです(‘_’)

次回→ NYドライカットと一般のドライカットの違い!

HOMEに戻る